媚薬は女性用のものが一番!だと思う

女性用 媚薬

媚薬は女性用のものが一番

媚薬(びやく(英語))とは、狭義には催淫剤と呼ばれ勃起不全の治療に使われる薬を言い、広義には性欲を高める薬、恋愛感情を起こさせるような薬を言う。
性欲を亢進させる薬。主に男性の精力減退の治療に用いられ、勃起を促す作用を持つ。
女性用にはフリバンセリンなどが知られている。
フィクションの世界では、女性用に向けて用いられることが多いが、同じ薬が男女双方に作用することもしばしばである。
アッパー系と呼ばれる興奮作用のあるものが性欲昂進に効果があるとされる。

「ちょっとなら媚薬」(ちょっとならびやく)は、柏原芳恵の15枚目のシングル。
1983年4月13日にフィリップス・レコードから発売された。
アザラシ、オットセイのペニスやウシ、ヒツジの睾丸などが精力増強作用があるとされた。

実在するマンドレイクではなく、伝承としてのマンドラゴラ。ツチハンミョウ類の昆虫の粉末。
ヨーロッパのものはアオハンミョウである。
東西を問わず生薬として用いられヨーロッパでは媚薬効果があるとされた。
二股に根差が分かれた根菜であり、魔術薬の代表的な材料として知られる。
シェイクスピアの『マクベス』などでは魔女の薬の材料として紹介されている。

このようなお悩みをお持ちの方にオススメなのが、『媚薬(びやく)』です!
「媚薬」は利用する事で、女性の身体と心を熱く燃えさせ、激しい恋情を享受する事ができ、女性の本心や内に秘めたものを開放する魔法の薬と言われています。
本サイトではそんなお悩みをお持ちの方に、「口コミでもこれだ!」という女性用の媚薬のBEST3をご紹介しています。

こんな媚薬は女性用について


実在するマンドレイクではなく、伝承としてのマンドラゴラ。
二股に根差が分かれた根菜であり、魔術薬の代表的な材料として知られる。
シェイクスピアの『マクベス』などでは魔女の薬の材料として紹介されている。
「くちびるから媚薬」(-びやく)は、工藤静香通算9枚目のシングル。
古代ローマやインドでもトカゲは媚薬・強精薬の材料となった。 1990年1月10日発売。
発売元はポニーキャニオン

歴史的には大変古いが食用となる野菜や果物、獣肉等の産地、知識が偏っていた前近代においては、刺激性物質の入っている食材が媚薬とされることがすくなからずあり、タマネギなど現代では一般的な食材も過去には媚薬扱いされていた。
これは嗜好品の一般化した近年とは異なり、当時の人々が刺激性物質や化学物質に全く晒されていなかったために薬効が顕在化しやすかったのではないかという説がある。
また前述のプラセボ効果により、珍しい果実や食材に媚薬効果があるというふれこみで輸入・販売されることがあった。ジョルジュ・デュビィ他著『愛とセクシュアリテの歴史』にリンゴとザクロを用いた古代バビロニアの性愛の呪法が紹介されている。

媚薬は、英語で「aphrodisiac」と表記されます。それは、ギリシャ神話の「愛・美・快楽・出生の女神『アフロディーテ〔Aphrodite〕』」が由来となっています。
『カーマ・スートラ』によれば男性性器にこれらを混ぜた蜂蜜を塗り交合すれば思い通りに女性を恍惚とさせられるとされる。
彼女が神聖な生き物としていた「スズメ」や「ハト」は、ヨーロッパでは伝統的に精力増強の食材として食べられています。
また、媚薬の『』という漢字は「女が男に対して色気を示すこと。
なまめかしくする。
色っぽい。あでやかで美しい。」 という意味があります。
経口摂取、または注射により尿内に残留し、尿路から性器を刺激する。
多量に摂ると、毒になる物質にこの作用が見られることがある。
実際に媚薬や同じような効果のある食材を食べると、女性も男性もうっとり興奮してしまうのにはこんな由来があるからではないでしょうか。
様々な生薬を練り込んだ軟膏。
魔女がサバトの饗宴で用い、オルガスムスを簡単に得られるとされた。
多くはキリスト教普及以前の民間伝承薬であったとされている。
魔女狩り以降の伝承では暗黒面が強調され、精液、愛液、コウモリの血や女性の経血、蛇なども材料とされた。
基本的にサイト作成のご質問等のサポートはしてません。
媚薬とは主に性的興奮を高める作用を持つ薬の総称であるが、その歴史は古く精力の付く薬や食品の総称ともとらえることができる。
多くの場合こうした薬の作用は個人差が大きく、薬効の認識によっても差異がある。
アンドロゲン、エストロゲンなどのステロイドホルモン製剤の一部に、性器の発達を促す作用があり、性欲増進に効果があるとされる。 基本的には精神を自在に操作することのできるほどの薬効成分は実用化されておらず、惚れ薬は架空の薬品と認識されている。

パーツ
媚薬と女性用